埼玉のマンションの給水管・排水管の内視鏡調査ならBORORe(ボロリ)

マンションの修繕工事や、火災保険の組み直し時期に、マンションの状態を正しく把握するために欠かすことができないのが給水管・排水管の内視鏡調査です。

水回りの設備の劣化によって、修繕工事や保険料に大きな差が出ます。

✔ 築年数の関係で火災保険の更新ができない

✔ 修繕工事のコスト見直しをしたい

✔ ビル・マンションの保険料を抑えたい

などのお悩みをお持ちの方は、BOROReにお問い合わせください。

内視鏡調査で配管の状態を正しく分析!無駄なコストを抑える!

マンションの配管の修繕工事は高額なので、排水管のつまり調査や老朽度調査を行い、現状を正しく分析した上で修繕工事を行うことが大切です。

特に、一般的なマンションの火災保険は、築年数だけで保険料が変わります。

マンションのメンテナンスをしっかりしてきた方こそ、状況に応じて保険料が割引になるタイプの火災保険を選ぶことで、コスト削減につながります。

給排水管の内視鏡調査で配管の状態の分析を行うことが重要です。

内視鏡カメラでマンションの排水管の調査を行います!

BOROReでは、マンションの管理組合様からのご依頼などで、ビルやマンションの共用部の排水管の内部や、床下などに内視鏡カメラを挿入して、老朽具合を調査を行っています。管内部については、詰まりやサビの有無を調べます。

必要に応じて、給排水管を部分的に抜き取り(=抜管(ばっかん))、内部をより詳細に調査します。

結果は「調査報告書」にまとめさせていただき、配管設備の修繕工事の計画や、工事自体の時期の見直しなどに使われます。

 

無料診断を実施!内視鏡検査と合わせてご依頼ください!

BOROReでは、ビル・マンションの水周りの設備の診断を行っております。

管理運営状況や、修繕計画状況、法定点検・修繕工事の状況、その他防犯対策・防火管理・保険事故歴などを総合的に診断します

この無料診断によって、保険料が安くなる可能性がありますので、内視鏡調査を行う際に合わせてご依頼いただいてります。

埼玉県内マンションの給排水管の内視鏡調査はBOROReにお任せください

埼玉県内のビル・マンションの内視鏡調査・メンテナンス状況の診断は、BOROReにお任せください。

当社がお出しする調査報告書をもとにメンテナンス状況を把握して、修繕工事や保険料のコストダウンに役立ててみてはいかがでしょうか。

迅速に対応させていただきます。